コラム|コムボックス佐賀駅前で歯科をお探しの方は【佐賀駅つるた歯科】まで

診療時間
10:00~13:30
15:00~19:00

★:15:00~18:00
休診日:木曜午後・日曜・祝日

〒840-0801
佐賀県佐賀市駅前中央1丁目4−17
コムボックス佐賀駅前 2F

tel. 0952-37-7382
  • 地図
  • メニュー

インプラントは治療後も通院する必要がある?

皆さんこんにちは。

佐賀駅つるた歯科です。

 

インプラントは、人工歯根の埋入手術や上部構造の装着が終わった後も通院しなければならない、という話を耳にしたことがあるかもしれませんね。

 

それは必ずしも正しい表現ではありません。なぜなら、インプラント治療後に必要となるのは「メンテナンス」だからです。

 

そこで今回はインプラント治療後のメンテナンスの必要性や内容についてかんたんにご説明します。

 

インプラントのメンテナンスとは?

インプラントのメンテナンスとは、かんたんにいうと「定期検診」です。

 

数ヶ月に1回程度の頻度で受けるインプラントの検診で、人工歯根や上部構造に異常が生じていないかを調べます。

 

ですから、いわゆる「通院」とは根本的に異なる点にご注意ください。

 

インプラント治療自体は、上部構造を装着して調整が終わった時点で完了します。

 

どうしてメンテナンスが必要なの?

通常の虫歯治療で装着した詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)などは、定期的なメンテナンスを必須とすることはありません。

 

もちろん、歯科検診を受けて異常がないかを定期的に調べることは大切ですが、インプラントのように必須になることはないのです。

 

これはインプラントが顎の骨に人工歯根を埋入する治療だからです。

 

セルフケアの状態が悪ければ、顎の骨に深刻な異常をもたらすことがあるため、定期的なメンテナンスが必須となっています。

 

とくに「インプラント周囲炎」には注意しなければなりません。

 

まとめ

このように、インプラントは治療後も通院することになりますが、それはメンテナンスのためです。定期的にインプラントの状態をチェックし、少しでも長持ちするよう努めることが大切です。

 

また、インプラントの保証を受けるためには、定期的なメンテナンスの受診が必須条件となっている点にも注意が必要です。

 

そんなインプラントのメンテナンスについてさらに詳しく知りたい方は佐賀駅つるた歯科までお気軽にご連絡ください。